スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
悲しい出来事
2006 / 09 / 04 ( Mon )
今年の春にaloha doggie から
トイマンをお譲りした里親さまより
久しぶりにご連絡がありました。

ルビーちゃんが避妊手術が原因で亡くなったと。
入院する前まではいつもと変わらない
元気なルビーちゃんだったのですから、
ご家族みなさまのご心痛はお察しいたします。
いきなり愛犬が亡くなったと聞かされても
納得できるはずがないですよね?

しかも、お話を聞く上ではどうも獣医さんの
医療ミスがあったように感じてしまうのです。
病院側もそれなりにあやまってくださったそうで、
火葬の費用などもすべてもってくださったそうですが。
いったい何が起こったというのでしょうか?

事前検査や術後の対応が悪かったようですが・・・
かわいい天使は2度と家族のもとへはもどってきません。
小さな命がこんな形で失われるということに
大変憤りを感じています。
病院側のお話には納得できない部分がたくさんあり、
誠意ある対応を望みたいですよね。

避妊去勢手術は賛否両論です。
私たちもこれが絶対正しいなどということは
決して言えるものではありません。
あくまでも飼い主さまのお考え次第となります。

里親さまへ・・・。
こんな形になってしまい飼い主としてご自分たちを
とても責めていらっしゃいますね。
でも、これは予期できないことだったと思います。
病院に預けた以上はすべて獣医さんにかかっています。
まさか小さな命を失うことになるなんて
誰にも想像できないことです。
どうかあまりご自分を責めないで・・・
思い詰めないで下さいね。

ルビーちゃんは家族に迎えられて
本当に幸せに暮らしていたと思いますよ。
だって、お迎えするにあたって
いろいろメールでのやりとりをさせていただきましたが、
本当に愛する家族を迎える喜びであふれてましたよね。
だからこそ、主人共々とてもショックを受けています。

でも、どうか愛犬との生活をあきらめないでほしいのです。
ずっと悲しい顔で過ごすことをルビーちゃんは望んでいないと
思いますから・・・。
「犬はもう飼わない」という気持ちになったら、
ルビーちゃんが悲しむのではないでしょうか?

トイマンという犬種をこよなく愛されて、
こうしてご家族にお迎えになったのですから・・・。
「自分たちは飼い主として失格なのでは?」なんて
決して思わないで下さいね。
どれほど愛情かけて育ててくださっていたかは、
きっとルビーちゃんが1番知っているはずですよ。

とにかく、この悲しみを乗り越えられること。
そして、またいつかトイマンとの暮らしを
もう1度楽しむ気持ちになっていただけることを、
心より願っています。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

16 : 19 : 06 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ぼーちゃんママの近況 | ホーム | 9月になりました。>>
コメント
----

娘の友人の甲斐犬も、片方の目のあたりが腫れたという事で手術を勧められ、手術したら両目を失明していたそうです。理由は納得できなかったようです。でも、失明しても愛されています。その方もがんばって乗り越えられるといいですね。
by: 叶い月 * 2006/09/05 10:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://beachdog.blog72.fc2.com/tb.php/22-0f33478c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。